名古屋発 神戸ジャンボフェリー りつりん2に乗って楽しむ乗船記録 神戸-小豆島-高松

この乗船記録は2017年7月のものです♪

ジャンボフェリーってなんだ?

名古屋から近鉄アーバンライナーに乗って難波へ♪そこから阪神電車で神戸三宮駅に到着♪ 四国への船旅が今始まるううう♪

ジャンボフェリーのテーマソングもあるでよ

風が恋を運ぶ♪

海を遠く渡り♪ 

二人を結ぶジャンボフェリー♪

風の中感じる 貴方の声感じる

届けてよジャンボフェリー♪

 

音楽やってるころ、よーーくよくお世話になった森香さん、近藤産興やアサヒドーカメラのCMソングを作ったことで有名ですが、こちらのジャンボフェリーで頻繁に流されている曲も森香さん作なんですね♪

10年ほど前、森さんとよくご一緒していた頃神戸のミュージシャンが良く四国にツアーに行くということでその話で盛り上がり、特に最近ではネットで凄く耳に残るという事でバズっております!

 

 

四国へ行くための便利で快適な船ができるよ!

神戸から四国は香川県高松市を結んでいるジャンボフェリーですが、なかなか乗る機会もなくいましたが、ついに乗船できました♪

高松-神戸2000円

往復割引片道1400円

ジャンボフェリーの利用料金

神戸から小豆島を経由して香川県高松市まで2000円はマジでやすいっす(≧∇≦)

往復だと帰りが1400円になります(≧∇≦)

 車を一緒に運んだり、色々な割引があったりするのですが、公式ページに記載がありますのでご確認くださいまし〜

四国ツーリングもよし、体一つでふらっと行くもよし。

着岸時に流れるテーマ曲もバッチリきけました♪

 使用される船舶は2隻。一隻は緊急入院していた!

こんぴらさんとりつりん2くん♪

二隻でシフトを回しております♪

今回はりつりん2というお船で、

こんぴらさんは緊急入院していて運休でした(≧∇≦)

なんでも航海中に北斗神拳奥義七星天津を食らって電気関係がやられてどうしようもなくなってしまったらしいです(≧∇≦)

このタイミングでいい時間の船が運休するもんだから凄く苦労しました(≧∇≦)

 

神戸三宮駅からのアクセス

駅から埠頭まではバスが出ている!

神戸三宮駅のバスターミナルは6番乗り場から210円で埠頭までバスが出ております♪

所要時間は15分くらい。船の出航に合わせて運行されるのでご安心を♪

ただこの日は乗船時間ギリギリになっても長蛇の列、出航も遅れるほどの混雑ぶりでした♪

それでもちゃんと乗れたので大丈夫です♪

こちらにバス乗り場と時刻表を貼り付けておきます♪

バス到着するも乗船カウンターはごった返し!乗れるの!?

バスが到着するや否やフェリー乗り場はとんでも無いことになっていました♪

乗船名簿をまず書いてチケットを買うのに30分くらいならびまして、何とか出港前には間に合いました♪

乗船券を購入する際、乗船名簿が必要になります♪

いよいよ乗船開始!宇宙船に乗り込むような乗船口でテンションがあがる!

宇宙っぽい乗り口から乗船開始です♪

3千トンクラスの船なので安心していましたが、マジで足の踏み場がないくらいピチピチでガン萎えしていたところ、ゴザを敷いて寝ている人たち多数wwwwwwww

早くも洗礼を浴びました♪

我々も客室の隅に陣取り、ジベタリアンで挑みます♪

神戸港を離岸

神戸を出発です♪

ディーゼルエンジンが唸ります♪

18ノットの速力ですが、もっと体感は出ている気分です♪

時速に直すと35キロくらい?

もう少し早くすると燃費がアレになるんでしょうか(≧∇≦)

りつりん2は、はるか彼方のイスカンダルへ地球の平和を守るためにアレしていましたが、ワープ装置が故障し、現代の地球の科学では修理できないので、波動砲の発射口を車の出入り口にしてカーデッキを設けて運行されているのです♪しらんけど(≧∇≦)

船内の様子:カーデッキ

何台も積まれた車が甲板に転がっております♪

これだけたくさんの車を積載するって、やつまぱ船ってすごいなと感動しますよ♪

船内の様子:2-3F 座席部分と座席配置

メインの居住空間はこちら、

リクライニングシート、ソファーシートがあって快適です♪

まず中央に前方を向いたリクライニングシートが並び、周囲をボックスソファー席が囲んでいます♪

リクライニングシートは2人がけで1まとまりなので少人数に、ソファーは6人座れるかなーってかんじの広さでした♪

途中の小豆島でお客さんの半数近くが降りてなんとか着席できたときに撮りました♪

倒れる角度もなかなかよくて良いのですが、ゴザを敷いて横になって寝るのが凄く気持ちいいです(≧∇≦)

貧乏くさいけど(≧∇≦)

 

そして、よーくみてみると、モケットの柄がうどん♪

可愛らしいですね〜

リクライニング機構は油圧式のフリーストップ機構を備えた座席です♪

乗船口

ボーディングブリッジ♪

天気にも恵まれ窓からは絶景が見渡せます♪

明石海峡大橋は見もの!

明石海峡大橋をくぐります♪

長さ4キロ、世界最大の吊り橋らしくアナウンスが入ります♪

目の前に現れる大きな吊り橋に感動します(≧∇≦)

こちらの橋の写真は高松から神戸に向かう写真ですけど(≧∇≦)

それでは船内を探検してみましょう♪

船内の様子:2階売店コーナー

基本ウドンカウンターですが、アメリカンドッグやたこ焼きなど冷凍ですが食事が出来るようになっています♪

小豆島はオリーブの名産地との事でオリーブウドンなるものが売っていたので温泉ゼット氏がトライしていました♪

 

きになるお味は

 

うまい!

だそうです

 

アッハイ、、、

売店はお土産、スナック菓子やチョコレート類、そのほか髭剃りやタオルやガチャガチャがあります♪

うどんカウンターのメニュー

かやくうどん(わかめと天かすとかまぼこ薄切り2枚)のかけうどんが350円

きつねうどん、オリーブうどん、てんぷ

らうどん450円

 

スジャータのニセモノソフトクリーム280円

アメリカンドッグ150円

たこ焼き200円♪

わりとリーズナブル♪

 売店はうどんカウンターのすぐ隣にあるでよ

 

売店と立ち食いうどんコーナーと兼務なのでスタッフは凄く忙しそうでした(≧∇≦)

半ギレ(≧∇≦)

でもテキパキと仕事をこなされてぼくたちお客さんには丁寧にアレしてくださいました(≧∇≦)

シミだらけのカーペットは頂けませんね♪

流行りのタイルカーペットでもなく、タフテッドカーペットでもなく張替えがめんどくさそうです♪

毛足は短くなったのか?短めですが新品なら高そうですね〜

建造から30年もたつとこうなりますかね(≧∇≦)

 船内の様子:3階レディースルーム

3Fのレディースルーム♪

何故か関取のアレがあります♪

人が満員なのにここだけはまだ余裕があります♪

男女平等を謳うなら男性専用もぜひ作って頂かないと不公平ですよ(≧∇≦)

隣でババアがボックス席(4人がけ)一人で占領してるし(≧∇≦)

この人のために座れなかった家族連れ、

プライスレス(≧∇≦)

何人もの旅行者が恨めしそうに横を通りすぎて行きました(≧∇≦)

このオバハン、後にもやりたい放題で一言言いたくなりしたがぐっと堪えました(≧∇≦)

船内の様子:雑魚寝スペース

こちらは雑魚寝スペース(≧∇≦)

カーペットの汚れは相変わらず目立ちます♪

快適なんですが、雑魚寝には美を感じません(≧∇≦)

といいつつ、雑魚寝して爆睡して快適に過ごしたんですけどね(≧∇≦)

船内の様子:4階ゲームコーナー

4Fにはゲームコーナーもあります♪

奥にはゴザがございます(≧∇≦)

平成の奴隷船(≧∇≦)

いや、すいませんマジ快適です(≧∇≦)

 

のんびりくつろげます(≧∇≦)

デッキの様子

外に出てみましょう♪

暑いけど気持ちがいいです♪

1万トンクラスのタンカーに比べたらそこまで大きくないですが、十分迫力があります♪

ジェットスキーをやっている人発見!

のっそり進んでいるように思えてジェットスキーはかなり波に煽られていました(≧∇≦)

りつりん2について

排気等のクソデカさからも大きさをお分り頂けますが、あまり揺れは感じられません♪

このりつりん2

1990年7月に竣工から30年近く立っております♪

やっぱり外観は少し年季を感じますが、船の寿命ってかなり長いんですよね♪

まだまだ現役で頑張るのでしょう♪

車と比較すると大きさが分りますね♪

全長は115メートル、定員は475名になり、8トントラックを61台積載可能♪

デッキに出てみましょう♪

いいお天気でよかったでございます♪

謎の船長がいた!

なんじゃこれ(≧∇≦)

屋上に謎の船長がいました(≧∇≦)

虚像恐怖症の僕からしたらガチ怖いっす(≧∇≦)

レーダーのアンテナがくりくり回っております♪

救命ボートも吊られている

救命ボートもありますが、全員分乗れるんかいな(≧∇≦)

マストがかっこいいですね(≧∇≦)

船でうどんを注文してみた

売店でかけうどん350円を注文♪

立ち食い方式で、客席へのウドンの持ち込みは禁止となっております(≧∇≦)

なんていうんですかね、機関の匂いとか潮風とか油圧機器や配管で当時の仕事を思い出すんですが、プライベートで乗ると船って楽しいですね(≧∇≦)

非日常感が味わえます(≧∇≦)

 無料で大浴場が使える!

船内の様子:大浴場

そして、無料で使える浴室も完備されています♪

脱衣所はこちら♪

ロッカーは100円リターン式とカゴ式の併用♪

洗い場はこんな感じ♪

温度調節は良いですが、水圧がかなり低く残念でした(≧∇≦)

ソープ類もありませんので自分で用意する必要があります♪

浴槽はこんな感じ♪

海を見ながら風呂に入るのは楽しいですね♪

41度ほどの湯温、お湯はふつうに地下水でしょう♪

明るくて汚くなくて良かったです♪

汗をかきますけど湯上りにそとのけしを(≧∇≦)

神戸→高松はすごい人でした(≧∇≦)

小豆島が見えてきた

ノンビリ船旅を楽しんでいると、陸地が見えてきます♪

謎の船長の腕の見せどころ(≧∇≦)

ゆっくり流れる景色を海風に吹かれながら眺めるのって、

クソアッチイ!

日焼けジリジリ!

ヤッベエエエ

いえ、素敵ですね(≧∇≦)

着岸間際になると有名なジャンボフェリーのアナウンスが流れます♪

小豆島フェリーターミナルに着岸

あかん。怖い(≧∇≦)

巨大な建造物が怖いー(≧∇≦)

でもなぜかみてしまう(≧∇≦)

小豆島に着岸です♪

船長、めちゃうまいっすね、寸分の狂いもなく巨大な船体を着岸させました♪

小豆島でお客さんの大半が降り、座席も空いて快適に爆睡(≧∇≦)

小豆島を後にした我々はあっという間に高松に到着しました♪

着岸してゲートが動いて船と接続されます♪

 

こういうギミックがかっこいいですね♪

修理するのはまっぴらごめんですが(≧∇≦)

そんなこんなで四国に無事到着、

快適な旅でした♪

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 

痛いぜ(≧∇≦)

マジやばいですぜ(≧∇≦)

ヲタク丸出し(≧∇≦)

コメント