湯の山温泉 新湯の山グリーンホテルの泉質、入浴記録

温泉

湯の山温泉でも有名な老舗ホテル

鎌ヶ岳に登って死にそうになった帰りに、2度目の再訪となる新湯の山グリーンホテルに行って参りました(≧∇≦)

けっこう渋めの外観とは裏腹にかなりの利用客がいて賑わっています(≧∇≦)

時間は14:30、大型施設でデュアル源泉、しかも掛け流しと素晴らしいです(≧∇≦)

各方面の温泉ブログさんでも軒並み高評価です(≧∇≦)

駐車場は第五まであり、当施設の人気が伺えます(≧∇≦)

ロビーは広々

ロビーも広く、決して新しい施設ではないのにきちんと手入れが行き届いております(≧∇≦)

フロントに入るとまずスタッフに日帰り入浴でーと伝えて670円を支払います(≧∇≦)

チケット?半券を貰いお風呂に向かうのですが、広さとフロア違いのため迷うので注意しましょう(≧∇≦)

大宴会場を通り過ぎて左にそれる道があるのでそこを降りましょう(≧∇≦)

山でこき使った膝がワハハと笑っていてちょっと辛かったです(≧∇≦)

館内の様子と浴場までの道のり

階段を下るとアイスの自販機と案内表示がありますので、矢印の方向に従って進みます(≧∇≦)

おーやっぱりホテル型の施設は雰囲気あって良いですねぇ(≧∇≦)

そしてまたクソ長い廊下をアレすると脱衣所が見えてきます(≧∇≦)

 浴場の様子

脱衣所は近代的な鍵付きタイプ(≧∇≦)

スパセンとかそのあたりに採用されているものと同じです(≧∇≦)

それだけ日帰り入浴のお客さんが多いんでしょう♪

ドライヤーは風量弱めでややダラシナイタイプでした(≧∇≦)

3.4号と二つの自家源泉を引いており、湯の山温泉屈指のお湯の鮮度を誇っています(≧∇≦)

湧き出し量は3号泉がケタ違いに多く、現に掛け流しになっているのは3号でした(≧∇≦)

浴室に入ると左側に仕切りのある洗い場が4人分ほど

右側には仕切りのない広いタイプの洗い場が8人分くらい用意されています(≧∇≦)

カランの温調はマックスの温度がやや低めですが十分でした(≧∇≦)

水圧は全く問題ありません(≧∇≦)

シャワーは自動止水しないタイプで使い勝手がよろしいでございます♪

内湯は向かって左側に3号泉掛け流しの高温風呂があり、湯温は44-5度くらいの素晴らしさ(≧∇≦)

細かな湯の花が舞っており新鮮なお湯だとわかります(≧∇≦)

しかも高温なのでほぼ貸切状態、ここぞとばかりに堪能しましょう(≧∇≦)

その隣には大きな浴槽で4号泉のお風呂が用意されています(≧∇≦)

入った瞬間に僅かな塩素臭を感じ循環だとわかりました(≧∇≦)

温泉ぽさはあるものの、3号の鮮度を堪能した後なので少し入って外に向かいます(≧∇≦)

外に出ると飲泉スペースがあり、コップと源泉が注がれています(≧∇≦)

フッ化水素含有の為、355ml以上飲まないように注意して下さいと書いてありましたので、150ミリリットルの紙コップ一杯分だけ飲んでみました(≧∇≦)

無味ですが柔らかさはきっちり伝わってきます(≧∇≦)

露天風呂は5メートル四方の多角形型の浴槽で程よい大きさに源泉掛け流しとなっていて、色は茶褐色、鉱物臭があり、多量の湯の花が浮いています(≧∇≦)

源泉風呂は人気なのか常に何人か人が入れ替わり立ち替わりしております♪

さらに下に下ると大きな大きなお風呂が用意されていて、循環塩素消毒で3号泉利用でした(≧∇≦)

色は上の源泉風呂と比べると循環により薄くなっていて、緑掛かっていました(≧∇≦)

日差しも強く日陰もないので少し浸かってまた源泉風呂に戻ります(≧∇≦)

サウナは無いですが温泉が素晴らしくリピート確定ですね(≧∇≦)

さすが湯の山1鮮度がいいと謳っているだけのことはあります(≧∇≦)

温泉評価表

☆温泉評価表☆
泉質 アルカリ性単純温泉
源泉温度

3号 45.2度

4号 30.7度
噴出量

3号 550L

4号 87L
加水 ×
加温 ○、一部×源泉直接利用
循環 ○、一部×掛け流し
塩素消毒 ○
お湯 ☆☆☆☆
湯上り感 ☆☆☆☆
施設 ☆☆☆☆☆
清潔度 ☆☆☆☆
コスパ ☆☆☆
ドライヤー風量 ☆☆
アクセス難易度 ☆☆
総合 ☆☆☆☆

住所 三重県三重郡菰野町千草7054-173
電話 059-392-3111
営業時間 10:00-19:30
休業日 木曜日
料金 670円

コメント