吉良温泉立ち寄りレポート!宮嶋館のお湯は紫だった

温泉

12月の半ばの午後4時頃、冷えた体を温めるためにお湯を求めて吉良温泉の宮嶋館に来た。

清潔感があり、落ち着いた雰囲気のロビー。

コーヒーラウンジでゆっくりコーヒーブレイクしたい...ところだが冷え切った身体が風呂を求めているので、急いでフロントに525円を支払い4Fにある大浴場に急ぎます。

4Fに着くと風合いの良い暖簾が迎えてくれた。

美人の湯?重曹泉?

吉良温泉において重曹泉という時点で沸かし湯だとわかるが、、、うむ、沸かし湯も好物である。

脱衣所ロッカーは鍵がないタイプ。

脱衣所の外に鍵付きロッカーがあるので、心配な人はそちらを利用しよう。

え!?紫のお湯だぜ!!パーポゥ!!!!!

なるほど、紫の正体は紫根らしい。

紫根は紫雲膏という皮膚の薬にも使用されている植物で、筆者も昔にお世話になったことのある薬。

紫根の成分を使った紫雲膏はアトピーにも有効とされているのだ。

こちらは露天風呂の様子。

まだ沸かし途中だったらしく、温度も低かったので残念ながら入らず。

露天の景色は解放感があるだけにちょっと残念でした。

こちらはサウナ。

旅館型の施設にしては広めのサウナだが、ヒーターがついていなかった。

洗い場の様子

お茶の香りがするシャンプー、リンス、ボディーソープ

私このお茶シリーズの香り、好きなんですよね~

人が居なかったのもあるが、なんか居心地よくてめっちゃ長湯してしまった

そして浴後感の良さにびっくり。

長風呂してたのにも関わらずサッパリしていて、サラサラ感が肌を包み込まれた感じ。

沸かし湯、あなどれないですね^^;

吉良温泉で天然温泉の立ち寄り湯をしたい方は民宿オサキさんがおすすめです。

施設データー

1時間ほど前までに電話予約する必要あり。

料金


525


※4,000円以上のお食事ご利用時、入浴料 無料サービス。


その他の料金  
 
※税込み料金
タオル     210円
バスタオル 315円
(貸し出し)

浴衣      525円
(貸し出し)

セット料金:1,050円

公式ページより引用

〒444-0513 

愛知県西尾市吉良町宮崎馬道24

おすすめリンク:吉良温泉唯一の天然温泉立ち寄り湯、民宿オサキ

コメント