熱田区 天然温泉 宮の湯

温泉

熱田にも天然温泉?

名古屋市内にある有名な温泉施設です。

 

爆弾寒波が名古屋を襲っている真っ只中、雪と雪の間の貴重な晴れ間に、

友人A氏と大須にあるDR vaporさんという電子タバコ専門店の帰りに、熱田区にある宮の湯へ行ってきました(≧∇≦)

ちなみに温泉タワケ、1年5ヶ月禁煙成功しており、禁煙のために買った電子パイポから、ベイプ という電子タバコにハマっております(≧∇≦)

ニコチンもタールも税金もなく、フレーバーを楽しめるので殆ど苦労せずに禁煙できております(≧∇≦)

また機会があったらDr.ペイパーさんの、記事でも書こうかなーと思います。

近かったので宮の湯にしようぜ!ってノリになったんですが、思っていたより良かったので記録として残しておきます(≧∇≦)

アクセス・駐車場情報

近づくと案内看板もありますので迷わずに到達できます。

駐車場に着くと平日遅くだからなのかそこまで混雑はありませんでした(≧∇≦)

駐車場も広めですが、街中にこの規模だと少し容量不足かなとも思います(≧∇≦)

立派な建物ですね(≧∇≦)

ゆ の字が懐かしさを感じますが施設は見た感じ新しそう(≧∇≦)

10-15年くらいでしょうか?(≧∇≦)

天然温泉と大きく書かれているので、期待が高まります(≧∇≦)

日本はどこを掘っても温泉が出るのでスバラスィ〜(≧∇≦)

館内に入ると、こじんまりとロッカーがあります(≧∇≦)

といっても、必要十分な数はあるのでご安心を♪

よく見かける背が低くて、100円のリターン式ロッカーのみの設置になっているので100円玉をご用意ください♪

あら、そういうことか、、、

運び湯なのね(≧∇≦)

うーーーん、この先が予想される(≧∇≦)

なるほど、温泉は掘削中ってことですか(≧∇≦)

どうだろーなー、良い泉質で豊富な湯量の温泉でてこないかなー(≧∇≦)

とりあえず、三重県の榊原温泉を持ってきているらしいので、楽しむとしましょう(≧∇≦)

入場券はよくある券売機で買います(≧∇≦)

620円(≧∇≦)

受付の方にチケットを渡して暖簾をくぐると、

お!食事は美味しそうですねぇ(≧∇≦)

マッタリするならいただいても良いかも(≧∇≦)

続いて脱衣所はこんな感じ(≧∇≦)

うん、めちゃせまいっすwwwwwwww

所狭しとオッサンがいます(≧∇≦)

外からの施設の大きさから想像するよりずっとコンパクトに作られているみたいです(≧∇≦)

ロッカーサイズは問題なく広いのですが、もう少し広々と使いたいところではあります(≧∇≦)

ロッカールームは

お風呂セット置き場(≧∇≦)

浴槽は狭いですねー、浴室に入ると、外の全ての浴槽におっさんたちがひしめき合っている状況(≧∇≦)

平日でコレなので、土日のピークなんてやばいんじゃないかと思っちゃいます(≧∇≦)

あと驚いたのが、寝湯と岩盤浴が一緒になったような施設があり、お風呂の中で無料で利用できるので良かったです(≧∇≦)

6人ほどの定員で、床面にはお湯が流れており横になってくつろげます(≧∇≦)

少しカビ臭いのと、天井から結露した水滴が落ちて来るのを除けば(≧∇≦)

水風呂は1番デカかったです(≧∇≦)

サウナも充実していて広々、これは素晴らしい(≧∇≦)

温度も温泉タワケ好みでした(≧∇≦)

ドライヤーは風量はダラシナイです(≧∇≦)

温泉評価表

☆温泉評価表☆

源泉名:運び湯

泉質:-

源泉温度 -度

湧出量 -L/分

温泉の特徴-

加水 ◯

加温 ◯ 一部未加温

循環 ◯ 一部掛け流し

塩素消毒 ◯

お湯 ☆(入浴時の運び湯)

湯上り感 ☆

施設 ☆☆☆

清潔度 ☆☆

コスパ ☆

ドライヤー風量 ☆☆☆

アクセス難易度 ☆

総合 ☆

料金

大人 平日620円 休日720円

小人 平日200円 休日250円

アクセス・営業時間情報

名古屋市熱田区桜田町20番7号
地図を開く(GoogleMapが開きます)
TEL. 052-882-8888(代)
営業時間 朝10:00 ~ 夜12:00
(最終入浴受付 夜11:30)
定休日 毎月第3火曜日
(祝日の場合は翌日)

コメント