源泉掛け流し 激渋レトロ 尾張温泉 湯元別館は超絶穴場スポット

温泉

愛知県にある数少ないガチ系本物の源泉100%掛け流し

温泉不毛地帯 愛知県の最後の砦

長野、岐阜、三重に静岡。

やっべえ温泉地に囲まれて愛知県は少し存在感が薄いですね♪

みなさま、愛知県や名古屋で有名な温泉といったらどこを思い浮かべるでしょう(≧∇≦)

下呂?いえ岐阜です(≧∇≦)

湯の山?いえ三重です(≧∇≦)

昼神?いえ長野です(≧∇≦)

アーバンクア?きゃなるりぞーと?刈谷ハイウェイオアシスカキツバタ!?

どれもいい温泉ですけど、ガチ系ではないっすよね(≧∇≦)

名古屋ファンでいうガチ系温泉の定義

  1. 利用客でごった返していないこと
  2. 温泉利用が湧出量と見合っていること
  3. お湯が新鮮なこと
  4. 余計な施設(岩盤浴や白湯など)が無いこと
  5. できれば掛け流し未消毒であること
  6. 今風のどこ行っても一緒に感じるような設備でないこと

うん、今考えました(≧∇≦)

まあなんとなくガチ系と思たらガチ系でいいんです(≧∇≦)

まあ、本当に温泉が好きな方のみが利用するような施設と定義しましょう♪

まあ、普通の人はシャンプーもリンスも備え付けられていない施設には来ないでしょうからね〜

先日の藤橋の湯のがっかり感をなんとかしたいと、愛知県屈指の温泉、尾張温泉にいこうと決意。

尾張東海健康センターが激混みでしたのでこちらをチョイスしました♪

隣の駐車場に車を止めます。

大手スーパーの真向かいにあり、繁華街とまではいかなくともかなり人通りがあります♪

あっ、今までが山奥すぎただけですけど(≧∇≦)

駐車場スペースはかなり広く、余裕で15台は止められる広さがあります♪

入るのに勇気は必要

今回初めての訪問でしたので恐る恐る中に入りました。

事前に下調べしてきたから良いものの、絶対コレ入りづらいっす(≧∇≦)

昔ながらの木の門は開かれていて営業中ということが伺えます♪

湯元別館という案内板も点灯していたので安心しました。

建物が中に数棟立っていて、二件目のテーブルの前にあるベルを鳴らすシステム

他のサイトでも受付が謎とかいう情報がチラホラあったのですが、今日は呼び鈴がありましたので難なくクリア。

男性スタッフさんが丁寧に浴室まで案内してくださいました♪

これが噂のミサイル発射ボタン。

押すととんでもないことになる。知らんけど。

入浴料500円を支払い、案内されたのは一番奥にある建屋。

こちらが浴場になります。

暗いとどの建物なのかわかりませんね♪

離れの建屋なので静かですよ♪

いざ、浴室へ

離れにあるお風呂

建物に入ると下駄箱があり、そこで靴を脱いで進みます。

手前に女風呂、奥に男風呂があります。

脱衣所は激渋レトロ

どこか懐かしい感じがしますね♪

ちなみに正面の扉は単に庭に出るだけの扉です(≧∇≦)

浴室は写真右になります♪

ロッカーは無く、籠タイプ。長いベンチが有りドライヤー類は無し。

床の緑色具合が時代を感じさせます♪

もちろん先客が居なければ電気は自分でつけましょう♪

浴室に立ち込める蒸気と硫化水素臭

扉を開けると一気に脱衣所に蒸気が流れます。

それと同時に割と強めの硫化水素臭が確認できました♪

尾張温泉東海健康センターと比べてもかなりキツめです。

井戸は同じなのでお湯は似ていますが、鮮度や利用状態はこちらの施設の方が格段に上でした。

浴槽の縁の浅い部分から常にお湯がオーバーフローしており、なんとも贅沢な気分になります。

シャワーは水道水利用。温調は△。

シャワーは温泉利用しておらず、水道水でした(≧∇≦)

万が一温泉が肌に合わなかった時のために対応しております(≧∇≦)

ただし温度調整はあまりスムーズでは無く、お湯は体感40度以上にはなりませんでした(≧∇≦)

床のタイルも素晴らしい

今では見なくなりましたね、この石床。少し時代を感じる使節にはまだ現役で残っていることもあります。

こういう造作ひとつ取っても、現代の新しい施設はどれも同じような間取りで同じような雰囲気で同じような材質を使っていることがほとんどで、掛け流しどころか少ないお湯に対してクソでかい施設作っちゃったりしますもんね〜

お湯の利用状況!贅沢そのもの。

浴槽のお湯はかなり熱く、43度以上はあるかと思われます。もしかしたら44度ちかいかも?

熱めが好きな温泉タワケには素晴らしいですが、熱いのが苦手な方には厳しいでしょう♪

お湯は浴槽隅の底にあるパイプから湧き出てくる

空気に触れずに新鮮なお湯が出続けていて感動しました(≧∇≦)

愛知県でこんなに鮮度のいいお湯に巡りあえるとは、なかなかの収穫でした♪

フローしたお湯は写真奥の排水溝へ途切れる事なく流れ続けています。

うわぁ、贅沢(≧∇≦)

温泉の成分で床が着色されていますね(≧∇≦)

ベンチは木製で年季が入っています。

空調が無い分、火照った体を冷ますのに使いましょう♪

ちなみに庭の隣は普通の民家ですので開放時には注意が必要です。

脱衣籠

温泉分析書

稼働中?じはんきもありました(≧∇≦)

温泉評価表

☆温泉評価表☆

源泉名:尾張温泉 1号2号4号源泉

泉質:アルカリ性単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

源泉温度 49.6度

噴出量 1580L/分

PH値 7.9 弱アルカリ性

加水 ×

加温 ×

循環 ×

塩素消毒 ×

お湯 ☆☆☆☆☆

湯上り感 ☆☆☆☆

施設 ☆☆

清潔度 ☆☆

コスパ ☆☆☆

ドライヤー風量 –

アクセス難易度 ☆☆

総合 ☆☆☆

愛知県海部郡蟹江町源氏3-59

0567-96-2552

駐車場     有り 

営業時間 13:00-20:00

休業日 不定休

料金 500円

コメント