愛知県半田の日帰り温泉施設 ごんぎつねの湯はアトピーにも効果アリ!

温泉

童話ごんぎつねの作者、新美南吉の故郷にある温泉!

久しぶりの平日休みが取れたので、妙な背徳感を感じつつ、会社携帯が鳴らないように祈りながら一路半田市へ♪

半田市は愛知県の知多半島、常滑市のとなりに位置していて、名古屋から比較的近いのです♪

といっても、名古屋駅から半田まで向かうとなると、軽く1時間を超えますけど、、、(≧∇≦)

大きな駐車場と和風な佇まいが迎えてくれる

途中細い道に入りクネクネと進むと、田舎独特の牛糞の臭いに包まれて到着しました♪

じつは私、ここのお湯好きじゃなかったんです

まだニワカだった頃。

あれは白亜紀も終わりに差し掛かる頃でしょうかね、、、

温泉に目覚めたゼット氏に強制拉致され連れていかれた初期の頃の温泉。

私、軽度ですがアトピーを患っており、何も聞かされずに入湯したらヒリヒリするわ、変なにおいがするわ、塩辛くて顔についたお湯が鬱陶しいわですぐに上がった記憶があります。

あー本当にもったいないことをした。。

温泉に入りまくるに連れ、じつは何も知らずにちょっとヒリヒリしただけで、ここのお湯は悪くないんじゃないか?と調べると、いい評判しかない!

やっぱり!!

という事でちゃんと評価できるようになってからの再訪です♪

ごんぎつねの湯へのアクセス

車で行く方法

名古屋からは下道で混雑していない状況で約1時間20分ほど。

知多半島道路、名古屋高速利用で40分と劇的に近くなります♪

名古屋高速から名古屋南インターを経由して知多半島道路へ。

半田中央インターを降りてすぐです。

名鉄電車で行く方法

名鉄河和線住吉町と半田駅の中間地点に位置しているため、歩けなくもない距離ですがタクシー利用がおススメ。

駅から徒歩で向かうと50分。タクシーだと10分。

宇宙戦艦ヤマトで行く方法

現在、ヤマトはイスカンダルに行っているため定期便の運航は有りません。

銀河鉄道999で行く方法

そこらへんにいるメーテルにパスをもらって99番ホームにお急ぎください。

地球メガロポリスステーション99番ホームで乗車。

割引やクーポンは?

ニフティ温泉の100円引きクーポン

こちらからどうぞ♪

JAF割引

JAFの会員で会員証があれば割引価格で利用できます。こちらからどうぞ♪

コーヒー無料情報もあるぞ!

平日10:00-15:00はコーヒー無料サービス!

金額的な割引ではありませんがコーヒー無料なので、実質割引ですね♪

施設について

入り口、エントランス、駐車場

 

道は広くありませんが、駐車場はかなり広かったです。

手前にお湯のタンクがあります。

利用方法、券売所

入り口扉を入ると、真正面に券売機、左隣にカウンターがあります。

まず利用券を券売機で購入しましょう♪

利用料金800円は、まあ妥当だと言えるでしょう♪

  1. 大人 800円
  2. 小学生400円
  3. 3歳以下200円
  4. 大人まとめ売り( 割引なし)
  5. フェイスタオル販売300円
  6. バスタオル700円
  7. カミソリ 50円
  8. 歯ブラシ 50円

入浴券をフロントに手渡すとロッカーキーを渡されます。

帰りにロッカーキーを忘れないように注意しましょう♪

休憩スペース・ロビー

天井も高く落ち着いた雰囲気です。

自販機コーナーもあってゆっくりできます。

畳敷きの長ベンチが2台と、テーブルと丸椅子が少しあります。

そのまま奥に進むと直進すると無料休憩所が、右に折れると浴室があります。

扉が閉まっていて一瞬わかりづらかったです(≧∇≦)

浴室の様子とお湯の感想

脱衣所・ロッカー等

さすが有名施設なだけあって平日のお昼なのに一定の客数はいました。

脱衣所は二階建て構造になっていて、平日の閑散期は一回のみの稼働でした。二階も臨戦態勢でしたが(≧∇≦)

一回部分は正方形の最近流行りの大きめのロッカーが5段×6列の30人分が2台、

合計60名分のロッカーがありました。

二階部分もかなりロッカー数は多く、

縦長のロッカー15列2段の30人分と12列2段、24人分の54人分ありました。

埋まることあるんでしょうか(≧∇≦)

浴室入り口前には冷水機、その奥に温泉分析書が掲示されていて温泉利用施設をアピールしています。

床面はタイルカーペット貼で天井は木造。懐かしい雰囲気を醸し出しています。

ドライヤーはすべてパナソニック製

ドライヤーは一見コンパクトですがイオニティで4台設置(2-2配置)

シンクは一回は3台、二階の分は2台ですね♪

奥には成分表が貼り付けてあります。

さあ、久しぶりの塩化物強塩泉、いかがでしょうか♪

刈谷ハイウェイオアシスのかきつばたも塩化物強塩泉で、そちらは割と頻繁に入っているため期待大です♪

お湯の利用は循環・塩素消毒・加温だが一部源泉掛け流し

愛知県のこの規模の温泉はまず循環だろうと思っていましたが、59度の源泉がそのまま注がれる壷湯が存在しました!

高い滝から落ちてきて最終的に45度くらいになるのですが、これがものすごく良かったです♪

浴室・洗い場・付随設備など

模造の建屋で、温浴施設の割に室内はヒンヤリしていました。

塩化物泉ということで熱がこもらないような工夫が凝らしてあるのでしょうね♪

換気もよく快適でしたが、体が温まるまで冬は辛いですね〜

入り口入ってすぐ右側に掛け湯があり、向かって左側にはサウナ、水風呂があります。

掛け湯の隣には立ちシャワーがあります。

床や洗い場は御影石やテラゾタイルで、高級感ありますね〜

室内は白湯で温泉ではありません。

ここも泉質が合わない方のための心配り?でしょうか。

ここのお湯はかなり強力なので、肌を休めるためにもこのような白湯があるのはありがたいことです♪

内湯の塩素臭はキツ目でした。

洗い場

洗い場は全部で10人分。離反して5人ずつ洗えるようになっていました。

仕切りは無いタイプで、アメニティはルーブルのボディソープとリンスインシャンプー。

リンスインシャンプーというところで少し残念でしたが、匂いもきつくなく良かったです。

シャワー、カラン

シャワーは湯屋式じゃなく、ノンタイマーでした。

途中で勝手に留まらないのは素晴らしいですね♪

温度調整はお湯側が少しぬるめでしたが、源泉が熱いので、カランの水道がぬるくても問題ありません。

温泉利用はしていなく、井戸水か水道水でした。

外湯について

さて、久しぶりの再訪となるごんぎつねの湯。

外に出た瞬間、磯の香りと塩化物泉独特の香りに加えて鉱物臭が立ち込めています。

循環利用ながらも各浴槽からは贅沢にお湯がオーバーフローしており、お湯の鮮度がかなり良かったです。

小さな湯の花がたくさん浮いていて、ベッタリ目ぬるぬる感。

塩分はかなり高く、さすが強塩泉です。

刈谷ハイウェイオアシスかきつばたよりもクセの強いお湯でした。

上記二枚は公式ホームページから引用

59度のお湯が滝になって落ちてくる壷湯

わずか2分でギブアップ(≧∇≦)

ただ、クソ熱い中でもしっかりとお湯の鮮度が感じられました。

しかも熱いのに加えて投入量も多く、人もなかなか入らないので壷湯に関してはお湯の鮮度は最高ランクでしょう。

アトピーにも効果絶大!

患者さん全員に当てはまるかどうかはわかりませんが、このごんぎつねの湯、あまりに強力なのでアトピーである私は塩によるヒリヒリが嫌で避けていたのです。

今回も案の定、しばらく浸かっていると、肌がヒリヒリしてきました。

あまり刺激を与えないようにそっと入浴していて、後にびっくりすることになります(≧∇≦)

まじでツヤツヤになってるんですね(≧∇≦)

湯上り後はヒリヒリは少し経つと消えていき、若干のツッパリ感と滑らか感に包まれました♪

塩化物泉に入ると良いと聞いていましたし、たしか湯谷温泉などに浸かると調子良くなります。

アトピーや乾燥肌に適している理由

アトピーや乾燥肌に塩化物泉が適している理由としては、温泉中の塩分が肌の老廃物を洗い流した後、薄い膜を張って乾燥を防いでくれるからなのです♪

実質、炭酸水素塩泉などに比べると、べっとり、しっとりとした表現がしっくりくる泉質のものが多いです。

それを如実に実感できた日でありました♪

ドライヤーはパナソニック製

コンパクトながらもパワフルで風量は十分稼いでいます♪

反対側のピンク色のドライヤーもパナソニック製でした。

強いですねぇパナソニック。

頑丈なのでしょうね♪

二階脱衣所の雰囲気はこんな感じです。

15列二段1台と12列二段1台です。

広々としています。

脱衣所の出入り口すぐにお手洗いがあります。

無料休憩所ではコーヒーやビール、カレーやおつまみなどが食べられるフードコート併設

奥に進むと休憩所があります。

何も注文しなくても漫画と椅子とテーブルがありゆっくりできるようになっています。

平日10:30-15:00はコーヒー無料サービス!

なんと素晴らしいことでしょう♪

こちらの無料休憩所では平日の15:00までコーヒー無料サービスを実施しています♪

平日お昼に行く場合は是非利用したいところです♪

 

休憩所営業時間とメニュー

営業時間は10:30-21:00でラストオーダーは20:00までとなっています。

またメニューは写真の通りカレーやカツカレー、枝豆など簡単なものがお手軽にいただけます♪

小腹が空いたとににもってこいですね♪

温泉評価表

☆温泉評価表☆

源泉名:ごんぎつねの湯

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性 弱アルカリ性 高温泉)

源泉温度 59.1度

湧出量 200L/分

無色、透明、硫黄味、微硫化水素臭

PH値 -アルカリ性

加水 ×

加温 ◯ 一部未加温

循環 ◯ 一部掛け流し

塩素消毒 ◯

お湯 ☆☆☆

湯上り感 ☆☆☆☆

施設 ☆☆☆☆

清潔度 ☆☆☆☆

コスパ ☆☆

ドライヤー風量 ☆☆☆

アクセス難易度 ☆☆

総合 ☆☆☆

アクセス・営業時間・料金

愛知県半田市平和町5-73

地図はここをクリック(グーグルMapが開きます)

0569-27-8878

駐車場     有り

営業時間 10:30-22:30

休業日 第2第4月曜日

料金 大人800円、小人400円

 

 

 

更新情報

2019.3.231記録

我々取材班が訪れた翌日に機器故障とのことで長期休業に入っています。

かなり大掛かりな修繕が必要らしく、2ヶ月以上休業となり、再会予定は4月頃予定。

 

コメント